お金を借りる際の利息はいくらまで?

利息制限法と出資法

利息制限法とは、金銭を目的とする消費借貸上の利息の契約及び賠償額の予定について、利息ないしは元本に対する割合の観点から規制を加えた法律の事を指します。

しかし日本にはこの利息制限法と言う法律以外にも出資法と言う法律があり、消費者金融業者等がお金を貸し出す場合の最高金利を29.2%と定めていますが、利息制限法では10万円未満では20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上では15%が制限利率として定められています。

審査通りやすい消費者金融などはこの法律の矛盾をつき、高い方の利息で貸し出しを行なっていましたが、この2つの金利差がクレーソーン金利と呼ばれ社会問題となった事を契機に、2006年9月に新たに利息制限法が改正され、出資法の上限金利を利息制限法と同じ20%に引き下げた事により、現在ではこの問題は解消されました。

しかし多くの金融業者がこのグレーゾーン金利を課していた為に、過払いをした人からの返還請求を受け、それにより経営破綻をした消費者金融業者も多く発生しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です